世界のパフォーマンス観察5の日ブログ

PUPPETIONの構成作家AOKI氏による
プレイヤーの観点から観た世界のパフォーマンス観察5の日ブログ

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2006.10.05 Thursday

第13回 中国身体障害者舞踏団

0


    今回は中国身体障害者舞踏団について書いてみようと思う。

    その名の通り障害を持った人たちで構成されている。そのほとんどが難聴者であるという。
    代表作品は「千手観音」で名古屋では昨年万博や市民会館などでショーをしているので観たことがある人も多いかもしれない。

    たしか17人くらいだっだと思うが前から見るとまるで千手観音が生きているかのように神秘的で寸分の狂いもなく表現されている。耳がきこえない人たちが音楽にあわせ、動きもみんな息を合わせている。相当な練習量だと思う。
    後、何よりも感情表現が半端なく客は見入ってしまう。


    どうやら、この人たちは視覚と振動を便りに踊っているらしい。
    千手観音のようにみせるため、すごく長い付け爪をしているのも印象的だ。

    あと衣装については黄色やゴールドの色を使っている、この色は白よりを照明映えがしやすく、照明にてらされることによって、あらゆるいろに変化しているように見え、とても神々しく映る。

    テーマのひとつに平和というのがあるのだが、それがどのショーよりも強く感じられる。

    是非この人たちのショーも是非チェックしてほしい

    ▲top