世界のパフォーマンス観察5の日ブログ

PUPPETIONの構成作家AOKI氏による
プレイヤーの観点から観た世界のパフォーマンス観察5の日ブログ

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2010.01.22 Friday

The Fabulous Tap Dance Stylings Of Tip Tap & Toe

0



    このヒゲの人の足はどうなっているんでしょうね。
    もちろんTAPの技術も凄いですが、2:56あたりから始まるルーティンの時の裏音でのクラップ(手拍子)は渋いですね。

    2007.01.15 Monday

    第22回 NICHOLAS BROTHERS

    0

      今回はニコラスブラザーズについて書いてみよう

      自分にとってTap Dancerで最もカッコイイと感じた人達である。


      Tapだけでなく歌,演技などもこなす。
      映画にも多数,出演していて中でも「Stormy Weather」でのJazzオーケストラとのコラボシーンは圧巻である。

      強弱緩急あるリズム。タメのあるリズム。
      まさに黒人特有の黒い音である。
      それがとてつもなくカッコイイ!!
      そしてあのGET DAWN。

      タップの音とオーケストラの音のキャッチボールがとても、ありえないくらい素晴らしい!!コラボとはまさしくこのことだと感じずにはいられない。

      そして音だけではなく観ても、とても楽しめるようにあらゆる仕掛けがしてある。


      まずは舞台セットである。
      階段状の舞台セットなど、色々なステージの中を移動をしながらパフォーマンスをしてく。
      まるで、シーンからシーンへの移りをあらわしているようである。
      そして、一つ一つのステージの活かし方も無駄がない。


      あと、構成的にも初めにニコラスブラザーズが出てこない。(このシーンに限る)
      JAZZオーケストラとボーカルから始まる。
      そーいうところで客とのキャッチボールもこなしていく。

      そこから波を作っていき、あらゆる展開をつくってゆく。

      正にJAZZ!!!
      一度観たら病みつきになるであろう人たちである。
      実際これを観てタップを始めた人も多いはず。

      かなり、テンションもあがり、勉強になる。

      これぞにエンターティナーであると胸をはっていえる作品である。


      PUPPETIONも歴史に名の残るようなパフォーマンスグループになる為頑張っていきます。

      ニコラスブラザーズホームページ
      http://www.nicholasbrothers.com/index.htm

      ▲top