世界のパフォーマンス観察5の日ブログ

PUPPETIONの構成作家AOKI氏による
プレイヤーの観点から観た世界のパフォーマンス観察5の日ブログ

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007.02.25 Sunday

第26回 アクロバティック 白鳥の湖

0

    今回は去年、日本でも公演された中国広東雑技団による「アクロバティック 白鳥の湖」について書いてみようと思う。

    残念なことに名古屋では公開されなかったが・・・。


    この作品は写真の通り、この2人のペアがメインの作品なのであるが、全体にはストーリーもあり、他の雑技も数多く組み込まれていてバレエが苦手な人でも楽しめる舞台になっている。


    この作品の特徴はなんといっても、誰もが耳にしたことのある「白鳥の湖」を自分たちの色に変えて表現をしているということろであろう。

    伝統あるこの作品のいいところはちゃんと残っている。
    それでいて、世界に一つしかない、人の肩や頭の上で踊るなどというオリジナルの白鳥の湖を作り上げるのあたって、その伝統とオリジナルの比率には苦労したのではないだろうか??
    そこには振付師の類なるセンスが感じられる。


    あと、独特なのが自然と拍手を誘導する為に、一定のポーズで止まる部分をたくさんつくってあるが、まったくそれが嫌な間にならず、逆に心地いい。

    そして、この女性のバレエの技術の高さや安定感なども、もちろん見所である。


    他の演目にしても、さすが!やはり、雑技団。
    一人一人のレベルが圧倒的に高く、超人ばかりが揃っている。

    この先の中国広東雑技団の作品も期待が高まるばかりである。

    そして、何とこの作品今年の夏、日本に再上陸することが決定しました。
    これは必ずゲットしないとね。

    http://info.pia.co.jp/et/news/acro_swan/acro_swan.jsp
    (このページでは動画もみることができますよ。)

    ▲top