世界のパフォーマンス観察5の日ブログ

PUPPETIONの構成作家AOKI氏による
プレイヤーの観点から観た世界のパフォーマンス観察5の日ブログ

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007.10.25 Thursday

第39回 くるくるシルク

0

    先日、大須で毎年行われる大須大道町人祭にいってきた。

    そこで今回一番、面白かったなぁと思ったのがこの「くるくるシルク」という3人組でした。
    パペッションとも共通点がいくつも見られ参考になりました。
    例えば、3人組、ダンス、カラー等(笑)



    ちゃんと初めからみれたのかどうか、いまいちわからなかったのですが、自分が観たのはTAPのシーンから。
    よく、パフォーマーがよく使う大きなカバンありますよね。
    あれにTAPボードを貼って、その上でパフォーマンスするんです。

    これはちょっとやられたなぁと思いました。


    その後、ハットやボールのジャグリングにダンスを混ぜたルーティン。
    その直後にヨガ用??の大きなボールで同じ曲で同じようなルーティンからおおきなボールならではのジャグリング&ダンス。

    その他にも
    二人がスティルト(足長)のパフォーマンス→→1人が風船を投げスティルトの2人がファイヤーで風船を割る→→風船を投げていた1人によるファイヤージャグリング→→3人でファイヤージャグリング

    などという風に、流れがとてもスムーズでなるほど!!と思わせる。
    とにかくこの人たちはつなぎがとてもうまい。


    そしてMCに関してもキャラを壊さないようにしゃべりを入れている。


    客いじりの、お客さんの持って行き方も凄く考えたんだなぁと思わせる。


    芸に本気で取り組んでいるというのと、パフォーマンスが好きというのが、とても伝わってきて凄く面白かった!!


    調べてみたら舞台もよくやっているみたいで、そっちも観にいきたいなぁと思いました。

    PUPPETIONもこれからも舞台、ストリート等頑張っていきますのでよろしくです!!!!

    ▲top